牛黄清心丸と精力剤

「北京同仁堂」牛黄清心丸


冬虫夏草と三便宝と片仔廣、牛黄清心丸牛黄清心丸
鹿角霊芝と朝鮮人参と精力剤(ごおうせいしんがん)
田七人参と三便宝と片仔廣片仔廣(へんしこう)
鹿角霊芝と天仙液天仙液(てんせんえき)
精力剤と冬虫夏草と田七人参鹿茸(ロクジョウ)
鹿角霊芝は天仙液動物生薬


精力剤と冬虫夏草と田七人参個人輸入について
鹿角霊芝は天仙液ご注文案内
田七人参と天仙液ご注文の流れ
田七人参と天仙液商取引法に基く表示
牛黄清心丸

牛黄清心丸(北京同仁堂)

牛黄清心丸のご紹介
牛黄清心丸が一躍浴びたのは清朝時代(1644〜1911)、清朝宮庭用薬のため、医学名家が集め、「牛黄清心方」を さらに検討し、多種の珍奇薬材を巧妙に配合して入方させ、脳卒中(脳梗塞、脳出血)治療だけでなく、鎮静安神、化痰熄風、降血圧、滋養強壮な ど多 機能を持つ“幻”の薬に変わったのである。当時清朝宮庭専用の「清宮御薬製薬房」である同 仁堂(現 在の北京同仁堂総公司)がその新しい方剤を製薬し、清宮秘方といわれる清朝宮庭専用の秘薬「牛黄清心丸」が生まれたのである。

【主な成分】
牛黄、羚羊角、麝香、人参、白朮(麸炒)、当帰、白芍、柴胡、干姜、阿膠、桔梗、水牛角の濃縮粉など27味生薬

【効 能】
滋養強壮、益気養血、清火解熱、化痰熄風、鎮驚安神。
脳卒中(脳梗塞、脳出血)などの脳血管障害に及ぼした脳卒中後遺症、半身不随、言語障害、行動障害、意識障害、手足麻痺など。

【用法用量】
1回1丸を1日2回(病気重い場合は3回)、食後30分後、白湯で服用。
服用方法の詳細:
牛黄清心丸の外包を割り、なかの丸薬を小さく切って飲む。或いはそのまま口に入れて、かんで服用する。

【価 格】
3g×10丸入×6箱 (約一ヶ月分) 23,600円
3g×10丸入×12箱 (約二ヶ月分) 44,600円
 
送料は数量に関係なく一回注文分で1,000円です。
1万円以上ご注文いただく場合は送料無料になります。
それ以外に、代金の振込手数料はお客様の負担になります。

注意事項
牛黄清心丸の服用中に酒や油っぽいものをなるべく食用しないようにしてください。

サイト名:漢ノ森
版権所有:有限会社 トウエキ Copyright 2018 TOEKI Co. All rights reserved.